インテリアアドバイザー

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
119人が閲覧しました

資格について

インテリアアドバイザーとは、インテリアに関するアドバイスを専門的に行う仕事に従事している人を指しています。現在市場にはたくさんのインテリアが出回っており、その種類や金額もまちまちです。クライアントにとっては選択の幅が広がっていることになりますが、一方でインテリアごとの差異が分かりにくかったり、どのインテリアを選択して良いのかが分からなくなってしまったりしているのが現状です。


クライアントによっては、インテリアに求めているものが異なっています。材質にこだわっているのか、長く使えるインテリアを希望しているのか、価格帯が廉価なものを求めているのか、高級感あふれるインテリアを探しているのか。また、そのインテリアを日常使いにするのか、あるいはプレゼントにするのか、冠婚等の記念に使用するのかによってふさわしいインテリアも大きく変わってきます。


インテリアアドバイザーとは、そのようなクライアントの要望を聴取し、一人一人の希望や使用用途、価格帯を考慮しながら、クライアントの要望に即したインテリアを紹介することが主な仕事となります。


そのためにはインテリアに関する専門的な知識が必要です。インテリアの材質の特徴や、適切な管理の方法、インテリアの適切な利用方法を理解していないことには正しいインテリアをクライアントに紹介することが出来ません。


また、日本には独特の風土があります。そのため、インテリアそのものについての知識だけではなく、湿気や太陽光がインテリアにどのような影響を与えるのかについても熟知し、正しい管理方法をクライアントに伝えたり、設置場所についてアドバイスをしたりすることも必要になります。そうすることで、そのインテリアの本来の耐久年数を維持し、長く愛されるインテリアをクライアントに提供することが出来るようになります。外国産のインテリアはその国々の風土に合わせて作られているものが多いため、日本で使用する際には特にイ注意が必要です。


時にはクライアントが希望するインテリアが、デザイン的にはクライアントの要望を叶えていたとしても、インテリアを設置しようとしている空間との相性が悪い場合もあります。そのような場合には、きちんとそのインテリアが勧められない理由を伝え、代わりに最適なインテリアを紹介することもとても重要になってきます。


インテリアアドバイザーの多くは、インテリアショップで勤務しながら来場されるお客さんにインテリアの魅力を紹介しています。他には、ハウスメーカーなどで働きながら、家を建てる際に作り付けるインテリアについてアドバイスを行っている人もいます。


インテリアアドバイザーは、特別な資格が必要になる仕事ではありません。しかし、専門的な知識が必要な職業であり、インテリアアドバイスに関する資格を有しながらインテリアショップやハウスメーカーで働くことが推奨されます。インテリアアドバイザーも、取得が推奨される資格の1つです。


インテリアアドバイスに関する専門的な資格を取得することが出来れば、フリーランスとして在宅で活躍をすることも可能です。実際にインテリアアドバイザーの資格も、資格を取得することでフリーランスとして活躍をしたり、講師として活躍することが出来ます。例えば、インテリアについて学びたいと思っている人のために、自宅やカルチャースクールで教室を開き、インテリアの選び方やインテリアの基礎について教えることもできます。


受験資格

誰でも挑戦することが出来ます

試験内容

試験は筆記試験です。試験内容は、インテリアアドバイザーとしての知識や専門的な技術を習得していることが問われる内容になっています。また、そのような知識や技術を実践場面で活用することが出来るのかどうかについても問われます。

合格率

平成26年度はインテリアアドバイザーに2156人の人が挑戦をして、1542の人が合格しました。合格率は71.5%です。

試験日程

受験月の1カ月前までに受験の申し込みが必要です。協会のHPからインターネットで申し込むことが出来ます。その後所定の期間に問題用紙と回答用紙が送られてくるので、定められた期日までに回答用紙の提出が必要になります。

試験会場

在宅での受験となります

試験費用

1回の受験費用は1万円です

合格発表

合格は翌月20日に送付されます

資格の主催団体・組織

団体名 日本デザインプランナー協会
住所 東京都中央区日本橋兜町5-1
AIG兜町ビル3階
webサイト https://www.designshikaku.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)