健康ウォーキングアドバイザー認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
116人が閲覧しました

資格について

健康ウォーキングアドバイザーの資格は、日本生活環境支援協会が行っている認定試験に合格することで、取得することができます。健康を維持するためには、運動をすることが欠かせないのですが、激しい運動は人によっては健康を害する危険性があります。そのため、体に大きな負担をかけない、ウォーキングに注目が集まっています。


子供から年配の人まで、たくさんの人が簡単に始めることができるウォーキングで得られる有酸素運動の効果や、体に与える影響を把握した健康ウォーキングアドバイザーを目指すことができる、認定試験は高い人気があります。資格取得者は、ウォーキングの知識を活かして、指導者を目指すことができますので、取得したいと考えている人はたくさんいます。


ジムなどの施設やカルチャースクールなどで活躍することが可能となっていますので、多くの人を健康に導きながら、収入を得ることができる人気の資格です。


健康ウォーキングアドバイザー認定試験に合格できた人は、姿勢や歩幅などに注意する必要がある正しいウォーキングのやり方や、ウォーキングが体力の向上や怪我を未然に防ぐ効果があることを理解していますので、論理的な指導を行うことができるでしょう。日本生活環境支援協会で健康ウォーキングアドバイザー認定試験の経験がある人が、今からチャレンジする人のために、口コミ情報を発信してくれていますので、今から受験する人にとっては、とても有意義な情報を集めることができるでしょう。


資格を手に入れたことで自分の歩き方を見直すことができるようになったと答える人や、間違いのあるウォーキングをすることで、体に悪い影響を与えてしまうことを学ぶことができたと話す人がいました。試験を受けるために勉強することで、今までは知らなかったような新しいことを理解することができるようになるので、楽しく勉強することが可能です。


実際にジムでインストラクターとして活躍している人の口コミによれば、必要な知識をきちんと学ぶことができたため、試験を受けて資格を得たことは良いことだったと述べています。実際に受験した人からの評判は高いものばかりですので、試験を受けてきっと満足することができるでしょう。


日本生活環境支援協会が実施している、健康ウォーキングアドバイザー認定試験は、受験資格が無く、2ヵ月に1度試験が行われているので、不合格になった人であっても、すぐに挑戦することができるので、メリットのある認定試験です。また、試験会場は自宅の中となっていますので、決められた試験期間の間に、リビングや書斎など、自分の好きなスペースを厳選して落ち着いた環境で試験を受けることができます。


いつもとは違う場所で試験を受ける必要が無いので、緊張せず、リラックスしながら問題に答えることができるでしょう。ただし、日本生活環境支援協会では、70%以上の評価を獲得することができなければ、健康ウォーキングアドバイザー認定試験に合格することができないと定められていますので、事前にウォーキングの基礎知識や体への影響など、試験で出されそうな内容をきちんと勉強しておくことが大切です。


健康的な体を維持しながら副業を始めることができる、健康ウォーキングアドバイザーを目指しましょう!


受験資格

ありません。

試験内容

正しいウォーキングの方法やウォーキングが体に与える影響など

試験会場

在宅受験

試験費用

10,000円(税込)

合格発表

日本生活環境支援協会より合格通知の送付

資格の主催団体・組織

団体名 日本生活環境支援協会
住所 情報無し
webサイト https://www.nihonsupport.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)