レジンアクセサリークリエイター試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
136人が閲覧しました

資格について

レジンアクセサリークリエイターというのは、さまざまなアクセサリーを作れる人を認定する資格のことを言います。レジンの基礎的な知識を有していて、手作りの方法を完璧にマスターすることができた人に贈られる資格とも言えます。もちろん、協会から贈られるのではなく、実際に自分で受験して資格を取得することが必要となります。合格基準は7割以上となっているので、比較的勉強さえすれば合格は可能な資格だと言えるでしょう。それと、特に受験資格などはないため、欲しいと思った方は積極的に挑戦できる環境となっています。

インターネットから申し込めるので、その点も取得しやすいと言えるでしょう。ただ、レジンアクセサリークリエイターの場合は、必要とされる知識も豊富です。そもそも簡単に手作りができるハンドメイドな時代でありながら、レジンを使ったものというのは、作り方もコツが必要となります。ただ、その分得られる知識は豊富ですし、一度身に付ければ一生使える技術にもなります。レジンアクセサリークリエイター試験に合格すれば、その力を使って、人に教えることもできるのです。そういうレクチャー的な要素も自分の力でできるのが、レジンアクセサリークリエイターの資格です。当然のように、教室を開いて多くの人に教えるということもできるでしょう。

レジンを綺麗に仕上げる専門技術を持っていて、なおかつそれを人に教えられるようになれれば、レジンアクセサリークリエイターとして色々なシーンで活躍できます。近年はハンドメイドでアクセサリーを作る方も多くなっていて、レジンアクセサリーも色々な種類があります。ただ、単に自分で作ると言っても、なかなか難しい面もあるでしょう。そういうときこそ、レジンアクセサリークリエイターの出番です。自分の力を使って、そういう人にレジンアクセサリーの作り方を教えてあげてください。

イニシャルをイヤホンジャックにしたり、マニキュア色のネックレスを作ったりすることもできます。その他、写真入りアクセサリーやリバティ入りアクセサリー、キーホルダーにバッジ、リボンなども作れる資格です。発想さえあれば、自由に自分の好きなものが作れるので、レジンアクセサリークリエイターを趣味で取得する人も近年は多くなっています。もちろん、趣味の域を超えて活躍している方もいます。

レジンアクセサリークリエイター試験では、それぞれの失敗例などが出題され、的確な方法でアクセサリーを作れるようにレクチャーできるかどうかが問われます。意外と専門知識がないと難しいので、取得したい方は、しっかり勉強するようにしてください。そうすれば、決して取得できない資格ではないです。取得した方の声も近年は色々と寄せられていて、「仕事に活用できた」とか「教室を開いている」という声もあります。まずはレジンアクセサリークリエイター試験を受けてみて、自分の実力を試してみるというのも良いでしょう。


受験資格

無し

試験内容

アクセサリー関係やレジン関係の基礎知識などが出題される他、それぞれの失敗例などが出てきます。筆記試験ということもあって、必要とされる知識は多いと言えるでしょう。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)