家庭菜園インストラクター試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
106人が閲覧しました

資格について

家庭菜園インストラクターというのは、さまざまな植物や野菜の種類をマスターし、その知識を活かすことができる人に与えられる資格です。完璧に知識をマスターしている必要があるため、試験の内容自体は難しいと言えるでしょう。ただ、野菜や植物の育て方や環境、注意点を知ることで、より家庭菜園などにも活かすことができるのが特徴となっています。もちろん、インストラクター資格となるので、人にレクチャーすることも可能です。自分が持っている知識を活かして、多くの方に素敵な植物や野菜の育て方などを教えてあげることもできます。

また、土や水と言った植物や野菜にとって最適な環境を作っていく知識も必要です。雑草や害虫など、他の生物たちにどう対策していくのかも考えていくべき点だと言えるでしょう。また、家庭採点とはいっても色々な場所で栽培することが可能です。庭とは言っても中庭なのか大きな外の庭なのか、はたまた本格的な畑を作って育てることもできるでしょう。その他、ベランダなども活用した菜園の作り方なども身に付けて、それぞれの環境にマッチした家庭菜園を提供することができます。インストラクターの仕事に興味がある方は、家庭菜園インストラクターの資格も取得しておくと良いかもしれません。

ちなみに、家庭菜園インストラクターはインターネットから申し込むことができるので、そちらから挑戦してみましょう。合格率は約7割以上となっていて、多くの方が合格しています。基礎知識だけではなく、インストラクターとして人に教えるための応用知識も必要となるでしょう。ただ、それを身に付けておけば、社会で活躍できることにも繋がるでしょう。どこかで就職するのも良いですし、自分で教室を開くのも良いです。はたまた、誰かに教えるために会社を立ち上げても良いかもしれません。色々な活用方法があるのが、インストラクター資格です。家庭菜園インストラクターの場合は、汎用性がとても広いと言えるでしょう。

植物や野菜というのは、どうしても育てるのが難しいものも多いです。中には育ててみたいけれど、「難しそうだから諦める」という方もいるでしょう。そういう方に対して、失敗しない植物・野菜の育て方を教えるのも家庭菜園インストラクターの役目です。そういう意味では、人を救うことができる仕事とも言えるかもしれません。何か問題にぶつかっている人がいれば、自分の知識を使ってサポートしてあげましょう。本来、インストラクターというのは、そういう仕事です。家庭菜園インストラクター試験を受験して、家庭菜園のプロフェッショナルを目指してみるのはいかがでしょうか。家庭菜園のスペシャリストとしての活躍の場がぐっと広がるだけではなく、より自分の知識の幅を広げていくこともできます。もちろん、単純に趣味として取得するのも良いかもしれません。


受験資格

無し

試験内容

植物や野菜に対する基礎的な知識や育て方、注意点や環境の整備などについて出題されます。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)