トレーニングサポーター認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
130人が閲覧しました

資格について

体を鍛えるために、トレーニングジムに通う人はたくさんいます。トレーニングジムでは、有酸素運動をするためのランニングマシーンや、筋力をアップさせるための筋トレ器具などが設置されており、自分の目的に合うトレーニングをすることが可能です。しかし、トレーニングは、正しい知識を持って始めなければ、怪我をしてしまう危険性があります。


そのため、トレーニングジムでは、トレーナーと呼ばれているアドバイスを行う専門家が常に存在しています。日本生活環境支援協会では、ジムでアドバイスのサポーターとして活躍することができる、トレーニングサポーター認定試験を実施しています。トレーニングサポーター認定試験は、筋力トレーニングの基礎的な知識や、トレーニングに使う道具の正しい使い方を理解しているので、トレーニングジムで利用者にアドバイスをすることができるようになります。


利用者が怪我をしないように、適切な指導をすることができますので、たくさんの人に必要とされる人材として、活躍することができるでしょう。トレーニングサポーター認定試験に合格し、資格を取得した人は、トレーニングの前に摂取すべき食事やプロテインについての情報も把握しているので、自分の知識を活用し、利用者のニーズに合わせながら、アドバイスをすることができます。


トレーニングサポーター認定試験を突破できた人は、筋トレと組み合わせることでダイエット効果が期待できる有酸素運動に関する知識があると認めてもらえますので、ダイエットをしたいと考えている人に、正しい指導をすることができます。そのため、次医務でトレーニングサポーターとして活躍したり、自宅で講師活動をしたりすることができるようになっていますので、資格を取得して新しい仕事を始めることが可能です。


トレーニングサポーター認定試験を行っている、日本生活環境支援協会では、生活に必要な技術やスキルがある程度あると認める試験を多く実施しています。現場で必要な技術を活用できる人材を育てることを重要視していますので、トレーニングサポーターなどの資格を用いて、即戦力の人材として幅広く活躍することができるでしょう。


トレーニングサポーター認定試験を主催している日本生活環境支援協会では、試験の申し込みをインターネットで行うことができるようになっていますので、気になる試験があれば、すぐに申し込むことが可能です。試験は、自宅の中で受ける在宅受験ですので、決められたスケジュールの中で、自分にとって都合の良い日時を選んで、気軽に試験を受けることができます。そのため、試験のために拘束されてしまうことがありませんので、魅力があります。


トレーニングサポーター認定試験に合格することができれば、スポーツジムなどでトレーナー活動が可能となっているのですが、試験を受けたとしても、評価が7割に満たなければ、合格することはできません。試験で出される、筋力トレーニングに関する知識やトレーニングに活用されている器具の特徴など、資格取得に必要となる、基本的な情報をきちんと理解しておく必要があります。


トレーニングサポーター認定試験は、年に何度も行われていますので、失敗しても再チャレンジしやすく、モチベーションを落とすことが無いので、高い人気があります。


受験資格

無し

試験内容

筋力トレーニングの基礎知識やトレーニング道具の使い方など

試験会場

在宅受験

試験費用

10,000円(税込)

合格発表

日本生活環境支援協会から合格通知の送付

資格の主催団体・組織

団体名 日本生活環境支援協会
住所 情報無し
webサイト https://www.nihonsupport.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)