日本料理インストラクター試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
154人が閲覧しました

資格について

日本料理インストラクターとは、日本料理に関する知識を有していることを認定する資格です。日本料理は古来から日本独自の伝統文化としても存続するものであり、質素ながらヘルシーな特徴は、現代のダイエットを目指す文化に非常にマッチしているといえます。こうした特徴だけでなく、日本文化には食べるための作法、はしやお皿、お椀などの置き方、そして料理に関する基礎知識をはじめ、さまざまな学習が必要であり、非常に敷居が高いと感じている人も大勢いらっしゃいます。こうした中で、日本料理を実際に楽しむために必要な知識を習得し、かつ実際に食べる際の人々に向けて発信したり、レクチャーをしたりすることができるのがこの日本料理インストラクターの強みです。正式な日本食レストランや料亭に行って、マナーも含め正しくいただくことが出来る人はどれくらいいるでしょうか。多分ほとんどいないのが現状であるといえます。日本人として、こうした日本の奥深い文化を少しでも身に着けていくことは、大変意義があることですし、会社などで出世すればするほど、重要な局面でこうした素地が出てくることになります。こうした日本食の専門家となることで、日常生活はもちろんのこと、近年加速する国際化に伴い増加する外国人に対しても、日本人として適切に振舞うことが出来るため、大きなメリットがあるのです。

日本料理インストラクターは、調理関係の職業についている人はかなりお得な資格といえます。日本料理は料理人にとっても敷居が高いもので、その知識を有しているだけでもかなりのプラスになります。アドバイスが出来るレベルであれば、和の文化とかかわりのあるお店などで働く際には、かなりのアドバンテージになるでしょう。

また、健康や医療に関わる人にとっても非常に有益な資格といえるでしょう。昨今は健康ブームが起こっており、少しでも健康によい食事を取り入れる動きは日本だけでなく欧米でも盛んです。こうした流れの中で、健康に良い日本食は絶好の食事といえます。細かい日本料理のノウハウを知っている専門家は、日常生活や特に食生活に対して適切なアドバイスが出来ますから、かなり重宝します。歳を重ねてくると慢性疾患などを発病する人も多く、安全で回復に役立つ食事として日本食の知識を使うことが出来ます。

独自に開業を計画している人にとっても、この資格は日本料理の基礎をマスターした認定として使用でき、自分自身の料理に日本料理のよさを取り入れていくことが出来るため、非常に有益であるといえます。一方で、料理が苦手な一般の人にとっても、この資格は非常に意味があるものです。花嫁修業として料理をがんばっている人や婚活をしている人も、日本料理をマスターしているということは大きなプラスとなります。日本で作る家庭料理は多かれ少なかれ和食の影響を受けていますし、実際の食材や調理法などもこの資格の範疇に入っていますから、愛する未来の旦那さんにマスターした知識と技術で料理を振舞うことで、健康的でおいしい新婚生活を送ることが出来るでしょう。

資格取得後にはインストラクターとして自宅やカルチャースクールなどで教えることも出来ますから、かなりビジネスとしての幅が広がることが予想でき、さまざまな将来設計に役立てることができるのです。


受験資格

無し

試験内容

試験内容は筆記試験のみです。主に日本料理の基礎から、季節に合わせたレシピ、懐石料理のノウハウなどに関する出題がなされます。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)