キッチン心理アドバイザー試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
82人が閲覧しました

資格について

キッチン心理アドバイザーとは、心理的な援助を基本とした、キッチン周りや食品の倫理と充分な理解を応用して、人々が寄りヘルシーに暮らしていけるように援助することができる人を認定する心理資格です。生きていくうえで誰しもが食べたり、飲んだりといった行動をします。これは基本的な欲求であり、これによって単純な栄養補給のほかに、メンタル面を正常に整えている側面があるのです。仕事が忙しく、生活が荒れだすと、キッチンをはじめ水周りが汚くなってしまうのを、誰もが経験しているのではないでしょうか。このように、生活の場所の一部であるキッチンも、人の心理と密接に関係しています。こうしたつながりを応用して、たとえばキッチンを片付けることが出来れば、心の状態も少し片付けることが出来ますし、常に汚れないキッチン周りの有効な使い方を覚えることで、いつでも心身をベストな状態へと促すことが出来る、これこそが心理資格であるキッチン心理アドバイザーの真骨頂ともいえます。

これだけでなく、キッチン心理アドバイザーはキッチンで使用される食材にも精通しており、飲食の面からもよりよい状態を整えることができます。学問的に心理学のアプローチが根底にあるために、対象となる方の心理アセスメントをはじめ、カウンセリングやチーム医療、地域精神にまでその学習範囲は広がっており、非常に実用的かつスキルフルな資格といえるでしょう。近年日本国内では精神的な疾患にかかる率が上昇しており、かなりの人が潜在的に精神疾患を抱える一方で、そのケアが追いついていない現状があります。この資格はキッチンという切り口を元に、人々の生活を整え、サポートすることができる、とても面白く、まさに時代に合った資格と呼ぶことができそうです。また、精神的な疾患や悩みを抱える人は、比較的掃除という行為が苦手であることが多く、生ものが存在するキッチン周りを切り口としてアドバイスできるこの資格は、非常に親和性が高いとも考えられます。心理系の資格は非常に有用なものが多いですが、前提条件や特定の学部を出ていることが受験資格であるなど、制限も厳しいのが一般的です。

その中でも、まったくの一般人であっても受けることができるこの資格はかなり重宝するでしょう。内容にもがっちり心理学が入っていますから、これから真理学方面を目指したい方、医療者の方などはかなり有利にキャリアを進められるかもしれません。特に、医療者は正式な心理カウンセラーでない限りはカウンセリングを実施したりといった経験をつむことが逆に難しい現状があります。こうした資格を持っていることで、生の医療現場で経験を積む機会に恵まれることもあるでしょう。

取得後は、アドバイザーとして悩める人々を対象にキッチン周りをはじめカウンセリングなど幅広く活躍することが出来ます。もし、医療資格を取得しているのであれば、専門の精神医療系機関で働く際には大変アドバンテージが見込めるでしょう。また、地域のカルチャースクールや自宅などで人を集めて講座や悩み相談の実演といった講師活動もすることができますから、組み合わせ次第ではかなりオリジナリティあふれながらも有能なアドバイザー、援助者へと成長していくことが出来そうです。


受験資格

無し

試験内容

試験内容は、すべて筆記試験となります。キッチンにまつわる倫理や食材、それらを使った実践的なアプローチを含みます。同時に、心理学的な側面も含まれており、基礎心理学一般、カウンセリングといった分野の知識が幅広く出題されます。

合格率

70%以上

試験日程

<p>2月20日~25日<br />
4月20日~25日<br />
6月20日~25日<br />
8月20日~25日<br />
10月20日~25日<br />
12月20日~25日</p>

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)