キャンドルアドバイザー認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
88人が閲覧しました

資格について

キャンドルは近年癒しのアイテムとして、多くの方が使うようになっています。ときには部屋の照明になり、ときには癒しのアロマにもなるもの、それがキャンドルです。そんなキャンドルは形もさまざまですし、香りや種類も異なります。無限に形を変えられるものだからこそ、それを作るのは容易ではありません。そんな中、キャンドルに対する基礎的な知識はもちろん、応用的な知識を持って、製造や作成できる人に与えられるのがキャンドルアドバイザーです。キャンドルアドバイザーになることができれば、さまざまなキャンドルを使って活躍することができるでしょう。もちろん、アドバイザー資格となるので、人に教えることも可能です。

講師としての道が開かれるだけではなく、よりキャンドルに精通した人物としての証明にもなるでしょう。なお、キャンドルインストラクターという資格もありましたが、そちらはキャンドルアドバイザーと名称が変わったため、受験する方は注意が必要となります。ただ、名称が変更になっただけで、試験範囲や内容、合格基準などは変更になっていません。その点は安心して受験できるでしょう。もちろん、知識がないと取得できないという点は以前と同様なので、しっかり勉強しておくことが必要となるのではないでしょうか。キャンドルのプロフェッショナルやスペシャリストを目指すのであれば、まず取得しておきたいのがキャンドルアドバイザーだと言えます。

ちなみに、キャンドルアドバイザーではベーシックキャンドルやフローティングキャンドル、カップキャンドルにグラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの技術を有している必要があります。それらを作る技術はもちろん、どのようなものでどのような効果があるのかなども知識として持っておくことが必要です。本当の意味でキャンドルのことを知り尽くした方が、キャンドルアドバイザーになれるというです。

また、その知識を他者に教えることができると認められることも必要となるため、必要となってくる知識はとても多いと言えるでしょう。教えることも可能となった人物だけに贈られるのが、キャンドルアドバイザーの資格です。その知識を使ってキャンドルを製造するのはもちろん、オリジナルのものを作ることだって可能です。趣味として取得する方も多いですが、近年は講師になりたくて取得する人も多くなっています。その点も合わせて、キャンドルアドバイザーに挑戦してみる価値があると言えるでしょう。

ちなみに、求められる知識も豊富ですが、キャンドルのことが好きな方であれば応えられるような問題も多いです。仕事としてキャンドルアドバイザーになるのも良いですが、趣味として取得しておく楽しさもあるので、興味がある方は挑戦してみましょう。また、新しく意識を付けることにも繋げられるので、自分の成長にも大いに役立つことでしょう。キャンドルの知識というのは、しっかり勉強した人にしか身に付かないものです。一朝一夕で身に付けられるものではないので、受験する方はしっかりと知識を身に付けておくようにしましょう。そうすれば、決して取れない資格ではありません。


受験資格

無し

試験内容

試験内容としては、キャンドルアドバイザーになるための基礎知識と応用知識が必要となります。キャンドルの製造・作成に関する知識、保存方法、形状の保ち方、原料などさまざまな角度から出題されます。その点を含めて勉強しておきましょう。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)