色彩インストラクター認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
110人が閲覧しました

資格について

人間の生活に、色は欠かせないものとなっています。しかし、色というのは使い方によって効果が大きく変わってくるものです。その色彩によって、空間を表現したり、人に違った印象を与えたり、違ったイメージにしたり、色々な使い方ができます。それらに対する色彩のプロフェッショナルやスペシャリストを認定するのが色彩インストラクターです。色彩に関しての知識を持っているだけではなく、その知識を使ってどのようなことができるのかも考えていくことができるのが、色彩インストラクターの特徴と言えるでしょう。近年は建築関係の人や広告関係の人が取得することも多くなり、汎用性の高い資格として認められるようになってきました。

色彩インストラクターでは、HSV色空間やHSVカラーモデルなど、さまざまな色に関する知識を有している人に贈られる資格です。その他、HSBカラーモデルや色相、彩度、明度、色味、色のコントラスト、ハレーションなどに対しての知識も必要となります。また、医療の面からみると色覚異常の方に配慮した配色なども手掛けられるし、他には袋文字やマンセル表色系、オストワルト表色系、日本色研配色体系などを理解していることが必要です。一見すると難しい資格のように思いますが、毎年多くの合格者を出している資格となっています。

もちろん、色の知識というのは多用で、一つのことを極めるというよりは、それぞれの色を把握して組み合わせたり、それを使って視覚効果を出したり、色々な面で使えます。中には、美術などにも活動していくことができるでしょう。それこそが、大きな色彩インストラクターの特徴となっています。もちろん、色彩インストラクターになることができれば、インストラクターとして人に教えることも可能です。活躍の場はとても広い資格となっていて、近年人気も高いのが特徴です。ぜひ色彩インストラクターを取得して、色のプロになってみてはいかがでしょうか。

色は人間の生活にとって、欠かせないものとなっています。欠かせないものだからこそ、より多くのものに活用されているのです。色彩インストラクターの資格があれば、その知識を活かして活躍することも可能です。色々な色を組み合わせたり、どの色がどのような効果を持っているのかを知り、それを人に教えることもできるでしょう。また、使い方によっては、色彩インストラクターの汎用性はとても広いと言えます。就職などで使える知識としても認識されてきていて、色々な仕事に活かせるのも事実です。

もちろん、色彩インストラクターはインストラクター資格なので、講師として人に教えることも可能です。自分で教室を開いて、色のことを多くの人に伝えるということもできるでしょう。そういう使い方ができる資格というのは、レアだと言えるのではないでしょうか。その点を含めて、色彩インストラクターの取得を目指してみると良いでしょう。試験に関しては求められる基礎的な知識と応用的な知識があるので、そちらもしっかりとカバーできるように学習しておくと良いです。人によっては、ちょっと勉強しただけでも取得できる方もいますが、試験前はしっかり勉強しておきたいところです。


受験資格

無し

試験内容

色彩インストラクター認定試験の内容としては、色に関する知識がとても深く掘り下げられて出題されます。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)