機械・設備・電気CADインストラクター

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
21人が閲覧しました

資格について

機械・設備・電気CADインストラクターは、機械、設備、電気関連のCAD技術を充分に習得できている人を認定する資格です。CADというのは、ものを設計する現場において、必ずといってよいほど使われる3Dの設計ツールであり、それを普通に使いこなせるだけでもかなりの技術を要します。また、必要となる基礎知識は一緒でも、分野や職種によって設計するものは異なってきますから、どうしても専門性と関連して、それに特化したCADの使い手となっていく傾向があるといえるでしょう。

数あるCADの現場の中でも、空調や給水・排水設備、電気設備といった機械設備の設計は専門資格も少なく、特にCADを代表する資格があまり見られないのが実情です。粉の為、特定のこの分野で技術を認定してくれる資格は、かなり貴重なものということができるでしょう。設備関連は、各設備に関する基本的な知識がないと、実際の設計において妥当かどうかを判断することも難しいですから、なかなか成熟した技術者が少ないということもあります。その中で、基本的な設備の知識を踏まえ、CADを使いこなせる認定があるというのは大変有用であることがわかるでしょう。

また、実際使用するツールがいくつもあるということも、資格取得を難しくしている要因です。CADの現場では、必ずしもソフトウェアが統一されておらず、そこで苦労する技術者も多々見受けられます。この資格では、もっとも一般的とされているAutoCAD、JWCADのいずれかで学習を積んでいくことで認定を行える仕組みを持っていますから、汎用性があり、どの現場に行っても一流の使い手として重宝されることは間違いないでしょう。

資格を取得した人からは、実際に現場での地位向上に役に立ったり、転職の際にCADの技術を評価してもらえた、といううれしい声がかなり聞かれるようになっています。このように、キャリアアップや転職を目指す人にとっては、CAD技術の認定がかなり重要であるというのは間違いありません。また、経験のない人であっても、これからCADを使いこなしていきたい、勉強していきたい人にとって入門としてはかなりよい位置にある資格ですから、専門書に偏って上手く理解できない人こそ、この資格を勉強する意義があるといえるでしょう。実際に経験がなくても合格できたという声も多くあがっていることから、それが非現実的なものでなく、実際にステップアップとして利用できるものであることを証明しています。

試験はかなり専門的ではあるものの、日常的にCADを使用して仕事をしているのであれば、そこまで難易度の高いことはないようです。無資格で受験できる比較的敷居の低い試験ですから、未経験者も安心して受験することが出来そうです。

資格取得後は、機械、設備、電気の分野におけるCADの技術者として活躍することはもちろんのこと、インストラクター資格として、実際にCADの使い方を教授することもできますから、より多くの人を育成できたり、自ら主体的に活動できるという点では、かなりアドバンテージが高い資格といえます。資格の認定も、インストラクター資格では定評のある日本インストラクター協会が主催するものですから、一定の地位と安心を得ることができるでしょう。


受験資格

無し

試験内容

機械や設備、電気に関する施設、主に空調設備や電気設備、プラント設備に関する知識一般と、CADの基本一般、また設備に関連して使用する技術などの知識が幅広く出題されます。

合格率

70%以上

試験日程

<p>2月20日~25日<br />
4月20日~25日<br />
6月20日~25日<br />
8月20日~25日<br />
10月20日~25日<br />
12月20日~25日</p>

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)