収納マイスター認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
133人が閲覧しました

資格について

アパートなどに住んでいる人にとっては、与えられた広さで、生活に欠かせない品物や洋服を収納しながら生活をしなければいけません。人によっては、押し入れの中に物を入れてしまい、そのまま放置してしまうことがあるのですが、収納方法は生活に大きな影響を与えます。


片づけをすることができず、そのまま放置してしまいますと、いざ必要になった際、見つけるのに時間がかかってしまいますし、家の中が散らかってしまう危険性があります。そのため、日本生活環境支援協会が認定する、収納マイスター認定試験を受けて、片付けの極意を把握することが大切です。


収納マイスター認定試験では、基本となる収納の方法や片づけを依頼する人の要望に合った収納方法ができるかどうかを理解しなければ取得できない試験です。そのため、しっかりと学んで資格を取得することができれば、綺麗に収納し、使いやすい部屋を維持することができるようになります。


収納マイスター認定試験に合格し、収納マイスターとして認めてもらうことが出来た人は、自宅やカルチャースクールで教えることができるようになりますので、自宅の中をスッキリさせながら、収入を得ることが可能です。取得するメリットが大きい資格ですので、片付けが苦手だと感じているのであれば、挑戦してみましょう!


収納マイスターは、ホームヘルパーや、家事代行サービスで働く際に役立つスキルや知識を把握することができていますので、資格取得後はすぐに仕事で資格を活かすことができるでしょう。そのため、すぐに即戦力として活躍できるとアピールできますので、就職活動を有利に進めることが可能です。


生活する際に必要不可欠な見た目の良い家具や、使い勝手の良い家具を紹介することもできる資格となっていますので、家具の設計デザイナーをしている人も、取得するメリットがあります。


収納マイスター認定試験は、利点の多い資格です。実際に試験を受けた人の口コミ評判を調べてみると、多くの人が試験を受けて良かったと答えています。思い出があるからと、たくさんの物を捨てることができなかった人の口コミによれば、必要なものとそうでは無いものを区別することができたので、必要のない昔の物を気軽に処分することができたと語っていました。


また、収納する場所がわからず、クローゼットにまとめていた人の話では、資格取得のために勉強をすることで、収納の方法を変えるだけでどこにあるのかわかるようになったと述べていました。試験の為に勉強して効果が生まれた人がいますので、自分の散らかし癖を改善したい人は、日本生活環境支援協会で収納マイスター認定試験を受けることが大切です。


収納マイスター認定試験など、生活に役立つ資格を取得することが可能な日本生活環境支援協会では、試験をインターネットで申し込むことができるようになっています。時間を気にすることがありませんので、仕事が忙しい人でも、問題無く申し込むことができるでしょう。


また、日本生活環境支援協会では、在宅受験ができるようになっていますので、自宅の中で問題を解くことが可能です。緊張するリスクがありませんので、自分の持っている力をきちんと発揮することができるでしょう。


受験資格

ありません。

試験内容

基本的な収納方法や依頼者のニーズに合わせた整理の仕方など

試験会場

在宅受験

試験費用

10,000円(税込)

合格発表

日本生活環境支援協会が合格通知を送付します。

資格の主催団体・組織

団体名 日本生活環境支援協会
住所 情報無し
webサイト https://www.nihonsupport.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)