飾花インストラクター認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
79人が閲覧しました

資格について

飾花インストラクターとは、綺麗にアレンジされたお花を作る・飾る時に如何に綺麗に見せるかといった知識を有する、民間資格の事を指します。

また、飾花インストラクターが持っている・求められるのは、「花やお花を入れる器(花瓶など)に対する専門的かつ深い知識・フラワーアレンジメントに欠かせない技法(ガーランド・フォーカルポイントなど)の習得・講師として人前で講義が出来るくらいのプレゼンテーション能力」などがあります。具体的な知識とは、フラワーアレンジメントを行う時の欠かせない基礎知識・フラワーアレンジメントを行うための基礎的な技術と応用した技術・人前でフラワーアレンジメントを行う時の披露方法などがありますし、フラワーアレンジメントを行う上で必要な道具(切りハサミなど)や。それ以外の材料の扱い方など、一からフラワーアレンジメントを行うために必要な事を、全て網羅しています。

飾花インストラクターがこの飾花インストラクター資格を取得・取得を目指している人は、主にお花屋さんに勤めている・結婚式や会議などのイベントでフラワーアレンジメントを提供する機会の多い人・趣味としてフラワーアレンジメントをやっていて、更に専門的知識を得て、自分の作品の幅を広げたいと考えている人など、職業も様々です。また、この飾花インストラクターは、女性だけではなく男性の取得希望者も増えてきているのも特徴で、性別や年代を問わず、最近の人気資格の一つに挙げられています。

飾花インストラクターの役割として挙げられる事も様々です。例を挙げれば、自分が勤めているお花屋さんにお客様が来店して、「今度こういったイベントをやるので、それにふさわしいフラワーアレンジメントをやって欲しい」など、お客様の希望を十分にヒアリングして、それを形にしていく能力があります。自分が考えているイメージと、お客様が考えているイメージは、必ずしも一致するとは限りませんので、お互いのイメージをすり合わせていく事も、飾花インストラクターに求められる役割といえます。それ以外では、自分がイベントに出品する時に、そのイベントに沿った内容のフラワーアレンジメントを制作する事も役割として挙げられますので、制作する前に「どんなイメージで・どんなお花を使い、それを形にしていく事」も、飾花インストラクターには求められる役割です。

飾花インストラクター試験は、様々な業種のインストラクターを認定している「日本インストラクター協会」が制定した民間資格です。民間資格とはいえ専門的知識・技法などを習得しないと合格出来ないので、ある程度の勉強をしておく必要はあります。

飾花インストラクター試験の勉強方法は、実際にお花屋さんに勤務している人は、実技を兼ねて勉強している人もいますし、自宅でマイペースで受講出来る「通信講座」で勉強するなどの方法があります。大半の受講者は、通信講座を使って飾花インストラクターの勉強をしていますので、自分のライフスタイルに合った勉強方法を選択する事がポイントです。

飾花インストラクター試験を受験し、無事に飾花インストラクターとして認定された後は、現在お花屋さんに勤めている人ならステップアップ(店長など)、趣味でされている人なら、これまでとは違うフラワーアレンジメントが出来ます。また、この飾花インストラクターを取得した後に独立して自分のお店・講師として活躍するなど、仕事の幅も広がります。


受験資格

無し

試験内容

花器や花に対しての様々な知識やフォーカルポイント、ガーランドなどフラワーアレンジメントの知識など問われます。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)