緑茶インストラクター

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
89人が閲覧しました

資格について

緑茶インストラクターは、茶葉別の美味しい入れ方や茶器の種類、チャノキの知識などを有している人に与えられる資格となっています。その他、各地の有名なお茶やお茶に関係する偉人の知識、茶道具の種類や知識、茶葉の保管や扱い方、お茶を使ったレシピなどを知っているかどうかが問われる資格となっています。緑茶をはじめとするお茶関連の知識を幅広く有しているかどうかが、資格合格の基準だと言えるでしょう。実際に合格基準は7割となっていて、比較的勉強した人であれば取得自体は難しくないと言えるでしょう。

近年は再びお茶が注目を集めていて、色々な知識を持っている方も多くなっています。それを活かせる場として、色々な場所で働けるのも緑茶インストラクターの特徴です。実際に自分の知識を活かして、お茶の発展などに貢献することができるのも特徴だと言えるでしょう。自分のお茶の知識を使って、より幅広くお茶を広めていくことができるのは、大きなポイントだと言えるでしょう。

その他、茶道具に関しては、茶碗から茶釜、火起こしや柄杓、盆や水指、水注、茶筅、茶巾、茶入などの歴史を知っておくことが必要となります。茶葉に関する知識もそうなのですが、この茶道具に関しては種類も豊富で、使い道もそれぞれ異なるのです。それらの知識を有しているかどうかも認定されるのが緑茶インストラクターだと言えるでしょう。もちろん必要となってくる知識は豊富なので、試験自体は簡単ではありません。それと、レシピなど料理に関する知識もある程度必要となります。それを有しているかどうかという点に関しては、しっかり勉強したかどうかが問われるものだと言えるでしょう。

これから資格を取得したいという方は、まずはそれらの知識をしっかり身に付けていくようにしましょう。それと、緑茶インストラクターはインストラクター資格となるため、人に教えることも可能です。講師としても活躍できるので、自宅で教室を開いたり、カルチャースクールで講師として働けます。その他、お茶に関係する会社に勤めたいときにも活躍することは間違いない資格です。豊富な知識の証明となるため、かなり活躍できることは間違いないでしょう。

ちなみに、資格に毎年合格する人がいて、それらの方は自分の実力を試すために取得するという方もいます。趣味で取得するという方もいるので、そういう点では汎用性の高い資格だと言えるでしょう。もちろん、緑茶インストラクターを取得することができる方は、一握りだと言えます。お茶に対する知識があると認められれば、多くの方が注目することは間違いないです。働き方もそれぞれなので、緑茶インストラクターを取得して自分の仕事にしてしまっても良いでしょう。

なお、お茶というのは、毎年のように色々な新しいものが開発されていて、日本のお茶だけでも相当な数があると言えます。そこを、どのように補っていくかが重要となるでしょう。ただ、試験に合格すれば、その実力を証明することになります。そういう意味では、非常に取得し甲斐があるものだと言えるのではないでしょうか。


受験資格

無し

試験内容

幅広く、そして深いお茶の知識が出題されます。茶葉別の知識はもちろん、偉人や料理まで網羅しておくことが必要となるため、知識の量は非常に豊富だと言えるでしょう。また、茶道具などについても知っておくことが必要となります。

合格率

70%以上

試験日程

2月20日~25日
4月20日~25日
6月20日~25日
8月20日~25日
10月20日~25日
12月20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)