サナトリウム健康アドバイザー

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
138人が閲覧しました

資格について

サナトリウム健康アドバイザーは、近年注目されている資格の一つで、多くの方が受験しています。どのような資格なのかというと、簡単に言えば温泉のプロフェッショナルやスペシャリストと呼ばれる人たちに与えられる資格だと言えるでしょう。泉質の種類や入浴方法に関する知識はもちろん、その他温泉に関する知識を持っているかどうかが重要なポイントとなっているでしょう。ちなみに、サナトリウム健康アドバイザーに関しては温泉分析表の味方、単純温泉などの泉質、源泉かけ流しなど温泉に関する言葉の意味などを知っていることが必要となります。

サナトリウム健康アドバイザーを持っていれば、温泉などに詳しい人だと証明できるのはもちろん、さまざまな温泉の知識を活用することが可能です。このサナトリウム健康アドバイザーの資格に関しては、アドバイザー資格となっているので、人に教えることも可能です。また、仕事に活かすことも可能だと言えるでしょう。例えば、温泉地などで勤める方は、温泉の知識が少なくとも必要となります。そんな中、サナトリウム健康アドバイザーがあればその温泉の効能や特徴を知り、泉質なども知ることによって、最適な温泉として活用するアドバイザーにもなれるのです。強いては、温泉経営のコンサルティングやアドバイスなどもできるのではないでしょうか。それこそ、本当の意味で温泉のプロフェッショナルと言えるのではないでしょうか。

サナトリウム健康アドバイザーを持っているだけで、温泉のスペシャリストとして認められます。また、この資格があれば、健康に関する知識なども証明することができます。温泉がもたらす健康への影響をしっかり把握して、それを根拠立てて結論付けられるかどうかが、何より重要な点だと言えるでしょう。特にサナトリウムに関する知識などを有しておくことによって、さまざまな温泉での活躍が見込めます。

もちろん、当然のようにアドバイスをするだけではなく、開発や事業などにも携わることができるかもしれません。日本は温泉大国とも言われていて、温泉の知識を豊富に持っている方は重宝されます。特に近年は外国人観光客などにも人気となってきていることから、より幅広い意味での温泉の知識が必要となるでしょう。それがサナトリウム健康アドバイザーの試験で求めらるかは別ですが、そういう未来の温泉のことも考えられる人こそ、重要だと言えるかもしれません。

その点も含めて、サナトリウム健康アドバイザーを取得してみてはいかがでしょうか。取得することができれば、よりその知識を活かしていくことが可能となります。それこそ、非常に大きなポイントだと言えるでしょう。間違いなく役立つ資格である一方で、近年は趣味のために取得する方もいます。どう使うかは取得した人本人によって違ってくるものの、幅広く活用していけるのがサナトリウム健康アドバイザーだと言えます。興味があるという方は、まずは協会から受験の申し込みをしてみて、その上でぜひトライしてみてください。使い方によっては、自分の力を試す機会にもなりますし、合格すれば間違いなく自分にとってプラスになることは確実です。


受験資格

無し

試験内容

泉質や種類に関する知識、入浴方法や温泉の内容、質、分析表の見方などさまざまな問題が出題されます。

合格率

70%以上

試験日程

2月4月6月8月10月12月 20日~25日

試験会場

在宅受験となります。協会のホームページから受験の申し込みを行うと問題用紙と回答用紙が送られてきます。

試験費用

10,000円(消費税込み)

合格発表

合否は翌月20日に通知が自宅に届きます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本インストラクター協会
住所 情報無し
webサイト https://www.jpinstructor.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)