福祉心理カウンセラー認定試験

年齢制限無し 学歴不問 実務経験不問

ネット申込可
112人が閲覧しました

資格について

福祉の現場で、専門的な知識や心理学の基礎を活用することができる人材として認められるのが、福祉心理カウンセラーの資格です。福祉心理カウンセラーとして認められた人は、ストレスから生じる症状について、きちんと理解していますので、福祉業界で働く際に、相手のことをきちんと理解しながら働くことができますので、多くの人をサポートすることができるでしょう。

福祉心理カウンセラーの資格は、多くの人が抱えている悩みに対し、寄り添いながら支えてあげることができますので、医療現場や介護施設などで重要な役割を担っています。やりがいを感じることが可能な資格ですので、福祉心理カウンセラー認定試験に合格し、資格を獲得しましょう!

1人暮らしをする高齢者は多く、心の中に悩みを抱えている人は増加傾向にあります。そのため、福祉心理カウンセラーの資格を持つ人の需要が高まっているのですが、資格を取得するためには、福祉心理カウンセラー認定試験に合格しなければいけません。福祉心理カウンセラー認定試験は、日本アロマメディカル心理セラピー協会が行っており、どのような試験なのかしっかりと把握する必要があります。

福祉心理カウンセラー認定試験は、7割を超える評価を得ることが合格には必要不可欠となっていますので、福祉に関する知識や心理学の基礎など、出題範囲をしっかりと勉強することが重要です。

福祉心理カウンセラー認定試験は、在宅受験ですので、自宅で試験を受けることが可能です。自宅の場合、見慣れた風景や使い慣れた机で挑戦することができるので、試験会場に向かわなければならない試験とは異なり、緊張すること無く、自分の力を発揮することができるでしょう。

日本アロマメディカル心理セラピー協会では、試験期間内であれば、受験する時間の指定がありませんので、好きなタイミングで挑戦することができます。福祉心理カウンセラー認定試験に合格し、資格を取得することができれば、介護施設や医療機関、教育機関などでカウンセリングを行うことができますので、資格を活かして仕事を始めることが可能です。活躍することができる分野は多いので、資格を得るために勉強することが無駄になることはありません。

福祉心理カウンセラー認定試験は、受験資格が存在しないので、気軽に申し込みをすることができる、人気の資格です。福祉心理カウンセラー認定試験を受けた人の口コミ評判を調べると、多くの人が試験を受けて資格をもらったことを好意的に捉えています。

福祉施設で勤務している人の話では、資格を取得したことで、利用者だけで無く、同僚が悩んでいるストレスに対し、適切なアドバイスをすることが出来るようになったと話していました。

また、就職活動に役立つと考えて取得した人の口コミでは、実際に行われた面接でもアピールすることができたと述べています。初めて福祉関係の資格を取得した人は、就職する前に、資格を持っていることで信用され、すぐ採用してもらうことができたと喜んでいました。

試験を経験した人の多くが勉強して資格を獲得したことは、自分のためになったと話しており、資格を獲得する利点は大きいと断言できます。就職の際に有利になりたいのであれば、福祉心理カウンセラー認定試験に合格し、資格を入手すべきです。


受験資格

ありません。

試験内容

福祉に関する知識や心理学の基礎知識、ストレスから起きる症状など

試験会場

在宅受験

試験費用

10,000円(税込)

合格発表

日本アロマメディカル心理セラピー協会から合格通知が送られます。

資格の主催団体・組織

団体名 日本アロマメディカル心理セラピー協会
住所 情報無し
webサイト https://www.domap.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)